• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

キク科の多年草。山地の日当たりのよい所に生え、高さ約1メートル。葉は卵形で、裏面に白い綿毛を密生する。秋、白い頭状花を横向きにつける。葉が羽状に裂けているものをキクバヤマボクチ、三角状のものをハバヤマボクチとよぶ。ともに綿毛が火口 (ほくち) として用いられた。

[生物/植物名]カテゴリの言葉