• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ヤマゴボウ科の多年草。高さ1メートル以上になり、太いゴボウに似た根がある。葉は大きく、卵形で、質は厚くて柔らかく、互生する。6~9月、白い小花の多数ついた穂を直立し、実は熟すと黒紫色になる。根は有毒であるが、漢方で商陸といい、利尿薬などにする。近縁にヨウシュヤマゴボウがある。とうごぼう。 花=夏》

  1. ゴボウアザミモリアザミの根。漬物などにする。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語