• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鳥居形式の一。明神鳥居笠木 (かさぎ) の上の中央に棟柱 (むなばしら) を立て、木材を合掌形に組み渡し、その頂上に烏頭 (からすがしら) という反りのある木を置いたもの。日吉 (ひよし) 大社の鳥居に始まるという。合掌鳥居。総合鳥居。