• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山紫水明の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

自然の風景が清浄で美しいこと。日の光の中で山は紫にかすみ、川は澄みきって美しい意から。
句例
山紫水明の地に遊ぶ
用例
天守の窓に靠もたれて、若き直弼なおすけは山紫水明の眺めに飽きることを知らなかった。<舟橋聖一・花の生涯>
類語
山清水秀さんせいすいしゅう 山明水秀さんめいすいしゅう 水紫山明すいしさんめい

山紫水明の解説 - 学研 四字辞典熟語

美しい自然の風景をさしていうことば。山は日の光で紫色にかすみ、水は清く澄んでいるようす。

山紫水明の解説 - 小学館 大辞泉

山は日に映えて紫色に見え、川の水は澄んで清らかであること。山や川の景色が美しいことをいう。「山紫水明の地」

[自然や季節を表す/自然/さまざまな自然・風景]カテゴリの四字熟語

キーワード[景色]の四字熟語