ブドウ科の蔓性 (つるせい) の落葉低木。四国以北の山地に自生。葉と対生して巻きひげが出る。葉は五角形状をし、裏面に褐色の綿毛を密生。雌雄異株。夏に黄緑色の小花を円錐状につけ、秋に黒色の実が房になって垂れる。実は酸っぱいが食べられる。 秋》「―故山の雲のかぎりなし/夕爾」

出典:青空文庫