• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ワサビショウガをすりおろすための、小形のおろし金。また、その道具ですりおろしたワサビ。

  1. 《はいている菖蒲革の袴 (はかま) の模様が1に似ていたところから》若党 (わかとう) 中間 (ちゅうげん) 見付の番士などのこと。

    1. 「見付から―が出てしかり」〈柳多留・初〉