• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、元吉原焼失後、江戸浅草山谷にできた仮営業の遊郭に通うこと。のち、新吉原となってからも、そこに通うことをいった。

「命に代へての―」〈浮・諸艶大鑑・一〉