• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「実語教」の「山高きが故に貴からず、樹あるを以 (もっ) て貴しと為す」から》どんなに外観がりっぱであっても、内容が伴わなければすぐれているとはいえない。物事は見かけだけで判断するなというたとえ。