• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岡本太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1911~1996]洋画家・彫刻家。神奈川の生まれ。一平かの子の長男。パリで抽象芸術やシュールレアリスム運動など前衛運動に参加。昭和45年(1970)には、大阪万博に「太陽の塔」を制作。絵画作品に「傷ましき腕」など。

岡本太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

「芸術は爆発だ!」で知られる戦後の偉大な芸術家。戦中にパリで学び、ピカソに大きな影響を受ける。1951年に縄文式土器を見て衝撃を受け、以降の作品に反映。1970年に大阪万博のシンボル「太陽の塔」を制作。原始的な情熱と確かな手技に支えられた生命力にあふれる絵画、彫刻、書などを残した。またTV、雑誌書籍などへの露出も積極的で、視聴者の期待通りのエキセントリックな芸術家というキャラクターをお茶の間に浸透させた。
出生地
神奈川県川崎市高津区
生年月日
1911年2月26日 うお座
没年月日
1996年1月7日(享年84歳)

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉

出典:gooニュース