岩野泡鳴の解説 - 小学館 大辞泉

[1873~1920]小説家・評論家・詩人。兵庫の生まれ。本名、美衛 (よしえ) 。自然主義作家の一人。一元描写を唱えた。小説「耽溺」「放浪」「断橋」、評論「神秘的半獣主義」、詩集「悲恋悲歌」「闇の盃盤」など。

岩野泡鳴の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
兵庫県洲本市
生年月日
1873年1月20日 やぎ座
没年月日
1920年5月9日(享年47歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉