《「み」は接頭語。「ね」は山の頂。山を神域とみていう語》

  1. 山の頂上。山頂。ね。「そびえ立つ―」

  1. 物の高くなっている所。「雲の―」

  1. 刀剣・刃物の背。棟 (むね) 。「包丁の―でたたく」

  1. 櫛 (くし) の背。

  1. 烏帽子 (えぼし) の頂上。