• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

島地黙雷の解説 - 小学館 大辞泉

[1838~1911]浄土真宗本願寺派の僧。周防 (すおう) の人。神仏分離、大教院廃止を主張、各宗独立に努力。また、日本赤十字社の創立などに活躍。著「仏教各宗綱要」「維摩経講義」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉