島崎藤村の解説 - 小学館 大辞泉

[1872~1943]詩人・小説家。筑摩県馬籠村(のちの長野県神坂村。山口村など名称の変更を経て、現在は岐阜県中津川市)の生まれ。本名、春樹。北村透谷らの「文学界」創刊に参加。詩集「若菜集」を発表して、浪漫主義詩人として出発。小説「破戒」によって作家としての地位を確立、自然主義文学の先駆となる。ほかに詩集「落梅集」、小説「」「」「新生」「夜明け前」など。
平野謙による評論。昭和22年(1947)刊行。

島崎藤村の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
筑摩県第八大区五小区馬籠村(現・岐阜県中津川市)
生年月日
1872年3月25日 おひつじ座
没年月日
1943年8月22日(享年71歳)

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉