島に隠れて見えなくなること。また、島のかげ。

「御舟に具してあらんとて、―なる所に具してとまりぬ」〈宇治拾遺・一〇〉

出典:青空文庫