• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 山や谷のけわしさ。

    1. 「険は―を排するに似たり」〈東海散士佳人之奇遇

  1. 人生のけわしさ。

    1. 「人情反覆せる世路―の中にて」〈蘇峰・近来流行の政治小説を評す〉

[ト・タル][文][形動タリ]山などが、高くけわしいさま。
    1. 「―たる一峯が」〈漱石草枕