• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都市嵯峨の清涼寺(釈迦 (しゃか) 堂)で、陰暦3月6日から15日までの10日間、人々が集まって念仏を唱えた行事。太鼓などを鳴らして「ははみた」と唱え、念仏後は仮面をかぶって町を歩く。弘安2年(1279)に円覚が始めたという。嵯峨念仏。大念仏。 春》