• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 築庭の一派。夢窓疎石が祖とされ、天竜寺の庭を範とする。

  1. 浄土宗の一派。西山派に属し、浄金剛院 (じょうこんごういん) の開山、道観を祖とする。現在は途絶。

  1. 和様書道の流派の一。京都嵯峨の人、角倉素庵 (すみのくらそあん) 本阿弥光悦 (ほんあみこうえつ) の書風を継いで始めたもの。角倉流。与一流。

  1. 生け花の流派の一。開祖は嵯峨天皇と伝え、京都嵯峨の大覚寺を本拠とする。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉