川上音二郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1864~1911]俳優。福岡の生まれ。浮世亭〇〇 (まるまる) と名のって自由民権論を鼓吹する、おっぺけぺえ節を歌い、寄席の人気者となった。のち川上書生芝居(新派劇の前身)を興し、妻の貞奴 (さだやっこ) とともに欧米を巡業し、西洋演劇を日本に紹介、明治新演劇運動の先駆者となった。

川上音二郎の解説 - SOCKETS人物データベース

役者・俳優
出生地
福岡県福岡市博多区
生年月日
1864年2月8日 みずがめ座
没年月日
1911年11月11日(享年47歳)

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉