• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

川井乙州の解説 - 小学館 大辞泉

江戸中期の俳人。近江 (おうみ) の人。通称、又七。姓は河合とも。姉の智月、妻の荷月とともに芭蕉の弟子。芭蕉の遺稿「笈の小文」を出版。随筆「それぞれ草」。生没年未詳。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉