• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

川合玉堂の解説 - 小学館 大辞泉

[1873~1957]日本画家。愛知の生まれ。本名、芳三郎。別号、偶庵。初め四条派、のち橋本雅邦に師事して狩野派を学び、詩情あふれる穏健な風景画に独自の画風を打ち立てた。文化勲章受章。作「彩雨」など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉