川の中の島。歌語として「交はす」に掛けて用いることが多い。

「相見ては心ひとつを―の水の流れて絶えじとぞ思ふ」〈伊勢・二二〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース