陰暦12月1日に行う水神祭。川の水に尻を浸し、また、餅 (もち) をついて水神に供え、水難よけと豊漁を祈る。川浸りの朔日 (ついたち) 。