• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浮き沈みして定めない遊女の身の上。

「憂き節繁き―こそ悲しけれ」〈謡・班女