• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 二分したときの左側。また、左の組。

  1. 相撲 (すまい) の節 (せち) で、相撲人を左右に分けたときの左方。今の東方 (ひがしかた) 。

    1. 「―にも右の方にも負くる事なかりければ」〈今昔・二三・二三〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉