• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

左戚右賢の解説 - 学研 四字辞典熟語

親類や身内の者を低い位におき、賢者けんじゃを重用すること。
注記
「戚」は、親戚や一族のこと。中国漢の時代は、右側を上席としたことから。「右賢左戚ゆうけんさせき」ともいう。
出典
『漢書かんじょ』文帝ぶんてい

キーワード[公平/不公平]の四字熟語

キーワード[人材活用]の四字熟語