• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

紫宸殿 (ししんでん) 南階段下の東方に植えられた桜。朝儀の際、左近衛府の武官がこの南側に詰めたことからいう。南殿 (なでん) の桜。御階 (みはし) の桜。左近。→右近の橘 (たちばな) 

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉