1. さしひかえること。謹慎すること。

  1. 江戸時代の刑罰の一。公家・武士の職務上の過失、また、その家来や親族に不祥事があったとき、出仕を禁じ、自邸に謹慎させたこと。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫