• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 合米 (ごうまい) 」に同じ。

  1. 江戸時代、米を検査するため、俵に米刺しを入れて抜き出した米。のち、仲仕 (なかし) などが賃金として受け取るようになった。見本米。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉