[動マ五(四)]

  1. 物の中やすきまなどに、他の物をさしたりはさんだりするようにして入れる。差し入れる。「プラグをコンセントに―・む」「本の間に手紙を―・む」

  1. (「射し込む」とも書く)光が入ってくる。「部屋に朝日が―・む」

  1. 胸・腹が急に激しく痛む。癪 (しゃく) を起こす。「胃が―・む」

  1. 口出しをする。入れ知恵をする。

    1. 「北の方に―・まれ」〈浄・天鼓〉

[可能]さしこめる

出典:青空文庫