• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《掛け合っていた着物を、朝になって男女がそれぞれに着るところから》共寝の朝の別れ。

「しののめのほがらほがらと明けゆけば―なるぞ悲しき」〈古今・恋三〉