• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

巻数をつける木。梅の若枝、榊の枝などを用いた。

「―の様に削りたる木の」〈今昔・二四・六〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉