• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

市井無頼の解説 - 学研 四字熟語辞典

町に住むならず者のこと。
用例
八重子はその頃十八か九だったという。相手の男は市井無頼の不良の徒であった。十八か九の何も知らぬ小娘と不良少年、何という残酷さだ!〈織田作之助・土曜夫人〉

キーワード[人物]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。