太刀の鞘 (さや) の足金物 (あしかなもの) と、腰に巻く佩 (は) き緒 (お) とをつなぐひも。飾り太刀細太刀は紫革または藍革、野太刀は燻 (ふす) べ革・白革などを用いる。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉