• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸前期の紀行文。井上通著。元禄3年(1690)刊。元禄2年(1689)、仕えていた養性院の死去にともない、江戸から東海道を経て讃岐 (さぬき) へと帰国した旅の様子を記したもの。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉