きすう(帰趨)」に同じ。

「ふと予の殺人の動機に想到するや、予は殆 (ほとんど) ―を失いたるかの感に打たれたり」〈芥川・開化の殺人〉