• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

常山蛇勢の解説 - 学研 四字熟語辞典

統一がとれていて、欠陥やすきがまったくないこと。どこをとっても整然として、うまく組み立てられている文章や態勢のこと。また、先陣・後陣と右陣・左陣のどれもが互いに呼応して戦う陣法のこと。
注記
「常山」は、恒山こうざんのことといわれる。恒山は中国河北省にある名山。中国の常山にいた「率然そつぜん」という双頭そうとうの蛇へびは、頭を打てば尾が立ち向かい、尾を叩けば頭をもたげ、胴を叩くと頭と尾が襲いかかるように、体のすべてを使って攻撃したという説話から。
出典
『孫子そんし』九地きゅうち

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。