• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

広島県北部、三次 (みよし) 市作木 (さくぎ) 町にある滝。江 (ごう) 川の支流作木川の支流の断崖にかかり、高さ126メートルの名瀑 (めいばく) 。滝は3段からなり、上から下に荒波の滝(36メートル)、白糸の滝(69メートル)、玉水の滝(21メートル)と名付けられている。落差の割に滝壺がほとんど発達していない。都道府県自然環境保全地域に指定されている。