• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 昔、正月14日、常陸国鹿島神宮の祭礼で行われた結婚を占う神事。意中の人の名を帯に書いて神前に供え、神主がそれを結び合わせて占った。神功皇后による腹帯の献納が起源とされる。帯占。鹿島の帯。 新年》

  1. ヒタチオビガイの別名。

  1. 茶入れの一種。尾張国瀬戸の藤四郎の焼いたものという。