• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. (幌)風雨・日光・ほこりなどを防ぐために車にかけるおおい。「荷台に―をかける」

  1. 母衣蚊帳 (ほろがや) に用いる布。

  1. (母衣)鎧 (よろい) の背につけて流れ矢を防ぎ、また存在を示す標識にした幅の広い布。平安末期には大形になって装飾化し、室町時代からは中に竹かごを入れて袋状にするのが例となった。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉