• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 祈願をし、または、罪・けがれを払うため神前に供える幣帛 (へいはく) 。紙・麻・木綿 (ゆう) などを使う。みてぐら。御幣 (ごへい) 。幣帛。

  1. 旅の無事を祈って贈るもの。はなむけ。

    1. 「さて東に帰り下るころ、上下色々の―多かりしなかに」〈増鏡・新島守〉