• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中国の字書。1冊。初唐の顔元孫の著。干禄とは禄を干 (もと) める意で、官吏登用試験受験者のために作った実用的字体字書。約八百字を四声によって分類し、字ごとに正・通・俗の三体をあげる。顔真卿 (がんしんけい) が正書して碑に刻した。