寺社建築で、斗栱 (ときょう) の形式の一。大斗 (だいと) の上に肘木 (ひじき) をのせ、その上に3個の巻斗 (まきと) を並べたもの。