二葉亭四迷の小説。明治40年(1907)発表。もと文士の下級官吏が回想の形で、作者自身の人生観・文学観を示し、文壇を風刺した作品。

[名・形動]これといったすぐれた特色もなく、ごくあたりまえなこと。また、そのさま。「平凡な作品」⇔非凡
[派生]へいぼんさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース