• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. すべての物事に差別をつけない見方。

  1. 仏語。とらわれのない空の立場に立って、すべての事物が平等であることを心に観ずること。従空入仮観 (じゅうくうにゅうけかん) 。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉