• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

作者の主観をまじえず、対象や事件の経過の表面だけをありのままに描く文芸上の手法。明治40年代、田山花袋が主張。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉