• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. たいらであること。また、そのもの。「手の―」「―積み」「―屋」

  1. 普通であること。並みであること。また、組織などで、役職についていないこと。「入社以来―に甘んじている」「―侍」

  1. 建物の大棟 (おおむね) に平行な側面。⇔

  1. 平椀 (ひらわん) 」の略。おひら。

  1. 平土間」の略。

  1. 平織 (ひらお) り」の略。

[接頭]動作性の意の名詞に付いて、ただひたすらに…する、の意を表す。「―あやまり」「―攻め」