[名・形動]おさないこと。また、そのさま。「幼少な(の)時分の思い出」「幼少のみぎり」

出典:gooニュース

出典:青空文庫