• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

醤油・酒・みりんにユズなどの柑橘 (かんきつ) 類の輪切りを浸した調味液を、魚などにつけて焼くこと。また、その料理。

[補説]考案者の茶人、北村幽庵の名からという。