[名・形動]奥深く、はるかなこと。また、そのさま。「幽遠な(の)趣」
  • 「ことにこの霰を見ると―な気がした」〈犀星・性に眼覚める頃〉

出典:青空文庫