• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

広厦万間の解説 - 学研 四字熟語辞典

非常に大きな家のたとえ。転じて、貧しい人々を庇護することのたとえ。
注記
「厦」は、大きな家。「広厦」は、広くて大きな家のこと。「間」は、柱と柱の間。「万間」は、柱と柱の間が万もあるという意から、非常に大きな家のこと。
故事
中国唐の時代、詩人の杜甫とほが成都に住んでいたころ、秋の暴風で茅葺かやぶきの屋根が吹き飛ばされたとき、大きな家を手に入れて、貧しい人々をそこに住まわせ、一緒に喜びを分かち合いたいという詩を作った。
出典
杜甫とほ「茅屋為秋風所破歌ぼうおくしゅうふうにやぶらるのうた

キーワード[建物・住居]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。